未分類

年賀状のネット注文って安いの?

投稿日:

年賀状を安く作る方法とは?

年賀状を安く作る方法とは?
年賀状を最も安く作るには、何といっても昔ながらの「手書き」に頼るのが1番。

最近はさすがに少なくなりましたが、ひと昔前などは宛名はもちろん、字もイラストもすべて手書きで書いている人がいて、その丁寧さとマメさに感心させられました。

ただ、それも枚数が少なかったり、字や絵が上手だという条件付きの話です。

何百枚も手書きで宛名を書くのは大変ですし、字やイラストを丁寧に書くなんて時間がいくらあっても足りません。

ということで自宅のプリンターに頼る人が多くなるわけですが、使ってみるとそのインク代の高さに驚くことになります。

ネットの噂によると、プリンターを製造している会社は消耗品であるインクによって利益を出しているとのこと。原料費が安いはずのインクの定価がベラボウに高いのはそのせいなんだそうです。

さらに厄介なのは、普段プリンターを使わないでいると、ヘッド部分に乾いたインクがこびりつき、いざという時に役に立たなくなる場合があること。こうなると修理に出す必要が出てきて、肝心の年賀状印刷に間に合わなくなります。

これでは何のためにプリンターを買ったのか分かりません。

こういうデメリットを避けるために、最近ではネットのサイトで年賀状印刷をすませる人も増えてきました。

以前はコストも結構かかったのですが、ここ数年は利用者増加によってディスカウントも盛んになり、デザインによっては自宅で印刷するのと同じくらいの値段で作成可能です。

こういったネットサービスを上手に利用することで、お金と時間の節約になるんですね。

年賀状印刷の3つのタイプ

現在、印刷された年賀状には3つの種類があります。

まず、「写真貼り付けタイプ」。

これは印刷紙に写真をプリントしたあと、改めて年賀状に貼り付けるというもの。家族写真の載った年賀状でかなり分厚いものがありますが、あれがこのタイプです。

特徴は、何といっても画質や仕上がりが非常にキレイ、という点。ただ、年賀状の厚さのために家庭用のプリンターで宛名を印刷できないのが大きなデメリットとなります。

次に、「写真印刷タイプ」。

これは印刷紙ではなく、年賀状に直接写真を印刷するもの。年賀状は写真を印刷することを想定した紙質ではないため、「写真貼付けタイプ」と比べてどうしても仕上がりは劣ります。ただ価格がずっと安いし、年賀状自体の厚さも印刷前と変わらないため、家庭用プリンターで宛名印刷ができます。

最後に「写真なし印刷タイプ」。この場合、印刷するのはイラストと挨拶文のみ。「できるだけ印刷の値段を抑えたい」「家族の写真を載せると押し付けがましく思われるので、あっさりと挨拶するだけにしたい」という場合におすすめです。

ネット印刷の割引サービス

普段からネット印刷を利用していると、秋の訪れとともに業者から「年賀状印刷はお得な早期注文をご利用下さい」というメールが届き始めます。

内容を見ると、「11月に注文されると4割引き」「前年利用された人に10%の割引クーポンをプレゼント」というサービスや、「家族の分と同時に注文するとさらに10%オフ」というものもあります。

これらを一緒に利用するとなると、なんと60%割引。驚くべきディスカウント率です。

さらに「11月末までなら35%オフ」「12月中旬まで20%オフ」というのももはや当たり前で、大体12月中旬から下旬あたりまでお得な割引を行っているところが多いようです。

-未分類

Copyright© 年賀状のネット注文についての口コミ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.